2024年を前に思うこと。愛ある人生を送りたい。

日々随想

あと3日間で2024年になります。

もう大人になってしまったからか、あるいはコロナ禍の影響で? 今年は特に季節を感じない一年でした。クリスマスもしかり、年末もしかり。

ドラマが軒並み最終回になり、情報番組が年末の天気や渋滞情報を特集し、長尺のバラエティ番組にテレビがジャックされることが、年の瀬を感じさせるだけです。

全国的に大晦日は雨になるとのことなので、それまでに食料品を買い込んで、好きな物だけを詰めたおせち料理を一重だけ作るか、それとも元旦からいつものパン食をするかと考え中です。

今年は年末、プライベートでバタバタしたので、年賀状は元日に間に合うように書けませんでした。
だから、たぶん当日に書いて出すと思うのですが、それも清々しくて良いのではないかと思っています。
みなさん、ごめんなさい。

いつも年末から考え始める「来年の抱負」ですが、来年は愛ある暮らし方をしたいと思っています。

愛ある暮らし方の定義がはっきりはしませんが、つまり

  • 自分を大切にする
  • 目の前にいる人を大切にする
  • 犬を大切にする
  • 物を大切に静かに扱う
  • 丁寧な字を書く
  • ドアの開け閉めを静かにする
  • 花にも話しかけて、育てる
  • SNSでの友人の発信にできるだけコメントする
  • 友達を思いながら手紙を書く
  • 何かをしながらではなく、音楽を聴くための時間を持つ
  • 実用書以外に、幸せになれる物語を読む
  • 絵を描く
  • 刺繍をする
  • 人形の服を作る
  • 人形そのものを作る
  • ケーキを焼く
  • つまり趣味を楽しむ時間を持つ
  • 気分が上がる服を着る
  • 気分が上がる買い物をする
  • 美術館に行く
  • 遠くにいる友達にでも会いに行く
  • 友達が喜ぶプレゼントを考えて贈る
  • 正しいとか間違っているとか、二元論でジャッジするのをやめる
  • 何か良いこと、楽しいことをみつける

そんなところでしょうか。

どんなときでも穏やかに、楽しそうにしている「私」でありたいです。

ピックアップ記事

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。