クリスタルヒーリング シュンガイト

鉱石のエネルギーと心

シュンガイト 英名:Shungite 和名:シュンガ石

シュンガイトは、20億年前のプランクトンなどの化石が炭素の塊となったものです。結晶構造がなく、生成過程がよくわかっていないので、鉱石とは認められていません。

鉱石ではないのですが、若返りの抗酸化物質C60フラーレンを含んだ物質なので、健康に良いのは確かな”パワーストーン”だと言えるでしょう。

種類は二種類あります。

一般的に流通しているシュンガイトは炭素を30~60%含んだもので、光沢はありません。

90%以上炭素を含んでいるものはエリートシュンガイトと呼ばれ、こちらはメタリックなシルバーの輝きがあります。

シュンガイトは鉱石ではなく、炭素のかたまりということで、硬度も気になりますね。
モース硬度は3.5~4です。
ガラスよりも柔らかいので、固い物と一緒に保管するのはやめましょう。

傷が入ったときなど、崩れ始めると、炭の粉になってしまう可能性があります。

 

スピリチュアルの効果としては、悪いエネルギーを吸収し良いエネルギーに変えて吐き出すと言われています。
そのため、リラックスやリフレッシュ効果をもたらすとされています。

 ※ 水を浄化することもできます。

🔶 主な産地

主な産地は、カレリア共和国(ロシア連邦、北西連邦管区に属する共和国。西側はフィンランドと国境を接する)ですが、カザフスタン、ブラジルのバイーア州などでも採れるようです。

 

🔶 お手入れ

もろいので、蛇口から直接水をかけるのではなく、お皿の上にシュンガイトを置いて水を流すようにして、柔らかい布で拭いて自然乾燥させます。

 

🔶 浄化方法

傷つきやすいので、塩を使った浄化はNGです。
匂いがつくので、ホワイトセージを使った浄化もNGです。

水晶のさざれ石の上に置くか、月光にさらす方法が良いでしょう。

 

🔶 かかわりのある星座

太陽星座が牡羊座の人にとって幸運をもたらす石だと言われています。

 

ピックアップ記事

関連記事