Branding Diaryブランディングダイアリー

nicca branding diaryのネーミングの元になったページです。

ブランドになるとはどういうことでしょうか?
このページの先頭に、「ブランド(企業)になるためのいくつかの質問。毎日考える。毎日意識する」と書かれています。
企業。個人の場合は「個人事業主」ですね。

ブランド化とは、唯一無二の事業主として、唯一無二の仕事をすることです。
例を書きます。

 

たとえば私は、伊勢久楽ミサという名前で「起業専門タロット占い」をしています。
タロットカードを使う占い師は、何万人といるでしょうが、起業での悩みを専門に占う占い師は少ないでしょう。
恋愛も仕事も占う占い師に対して、伊勢久楽ミサは起業を専門にすることで、差別化しています。

また、同じようにタロット占いをしても、伊勢久楽ミサは、単に占い結果を伝えるだけでなく、相談者の視点の転換、視野が拡大するようなメッセージを心がけています。
つまり、占いの内容・結果を伝える言葉、すべてが唯一無二であることで、他の占い師と差別化しているわけです。

では、私に「伊勢久楽ミサ」という名前が無かったとしたらどうでしょう?
たくさんいる占い師の中から、私を捜すのは難しいでしょうね。
つまり、「起業専門タロット占い師、伊勢久楽ミサ」と名乗ることで私は、この広い世界で自分をブランド化していることになります。

nicca branding diaryは、起業する人を応援するために、ブランド化に必要な項目をチェックリストにして、毎日考えられるようにしました。

毎日? 一度起業してしまったら考える必要は無いのではないでしょうか?

いいえ。起業したあとからすぐに、事業内容のブラッシュアップが必要です。
そして、世界に埋もれてしまわないように、毎日差別化に磨きを掛ける必要があるのです。

◆ 今日、社会の中で「どういう人」として振る舞ったか?

◆ 今日、人に感謝されたことは何?

◆ 私の商品は顧客のどんなニーズを満たすものか?

など、たくさんの質問に毎日答えて、ブランド化を進めてください。

このページは、起業前の人にも、すでに起業している人にもお役に立つページだと思います。