愛って何だ?

コラム

最近ずっとこのフレーズ、「愛って何だ?」が頭の中でリフレインしている。

昔、緒形拳主演でこのフレーズをタイトルにしたテレビドラマがあったっけ。

男のわがままを描いた、救いのない話だった。

 

いや、私はそんな昔のテレビドラマの話をしたいわけではない。

私の今生のテーマが「愛」であると言われたので、考えているだけだ。

しかも、私は前世からこのテーマを引きずっているらしいのだ。

 

きっと問われている愛は名詞の「愛」ではなく、動詞の「愛する」だろう。

 

私の人生の課題は「愛する」ということなのだ。

ふむ。

「あなたの課題は、愛することです」と言われたら、それは「今、あなたは人を愛せていないですね」と言われているような気がするではないか。

 

私はドキリとする。そして「それは私だけの課題ですか?」と問い直したくなる。

「私だけが、人を愛せていないわけではないですよね?

みんな、人を愛せているの?」

そう言いたくなるのは、私が人を愛せていないからにほかならない。

確かに、私の今生の課題は「愛すること」だ。

 

ふたたび、私の思いは先の問いに戻る。

「愛って何?」

愛とは、人を思いやるというだけではないし、人の気持ちに共感することだけでもない。

 

もっとのっぴきならないものではないかしら?

 

私の友人で、今外国に住んでいる人がいる。

もしも戦争などで、私が日本にいられなくなるようなことがあったら、自分が住んでいる国においでと言ってくれている。

 

愛とはそれくらい、のっぴきならないものだと私は思う。

立場が逆になったときに、彼女が私を頼ってくれるかどうかはわからない。

彼女には私よりずっと頼りになる友達がたくさんいるだろうから。

でも彼女が助けてと言って来たら、いつでも助ける用意はある。

 

そんな特別な愛を、誰にでも、見ず知らずの人にも持ちなさいと言ったのはイエス・キリストだ。

善きサマリア人のようになれば、永遠の命が得られると言われた。

※「新約聖書 ルカによる福音書10章25節~37節にある”善きサマリア人のたとえ”より」

 

そこでまたふと思う。

強盗に襲われて、道端で死にかかっていた人を助けたサマリア人は、友人が私に、私が友人に持っているような愛情があって、その人を助けたわけではない。

愛は感情ではなく、行為なのか?

 

感情が伴わなくても、親切な行為をするだけで良いなら、容易なことのように思える。

いや、愛の感情なしに、親切な行為をすることは難しいだろう。

見ず知らずの人に、愛情を持てるだろうか?

愛情を持てない人に、親切な行為ができるだろうか?

誰でも彼でもに愛情を持てるだろうか?

 

好きになれない人のことを、少なくとも「その人を思いやって、親切な行為をする」というくらいまで自分の気持ちを「好き」に寄せていくことが、もしかしたら愛かもしれない。

「好き」は感情だから、無理に好きにはなれないけれど、好きな人に対するのと同じように思いやることまでは、できる。

そういうことかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事