理想のお客様と出会うためのいくつかの質問

こんにちは。

早速ですが、理想的なお客様について考えたことはありますか?

あなたの理想のお客様とは?

 

理想のお客様の特性を箇条書きしてみる

起業コンサルティングの一つのプロセスで、「あなたの理想的なお客様を箇条書きにしてみましょう」というのがあります。

私も過去に3度ほど、箇条書きしたことがあります。

  • 価値観が合う
  • 正直である
  • 熱心である
  • 起業しようと本気の意志を持っている

などなど。
100個まではいきませんでしたが、繰り返しのような言葉も含めて70個くらいは書いた覚えがあります。

でもここに書いていることは、私がコンサルティングしやすいお客様を表しているだけなんですね。

あなたが書いた「理想のお客様像」もそうなっていませんか?

理想的なお客様を一言で表すと「あなたが愛情を注げる人」です!

理想的なお客様とは、あなたの中に「この人の役に立ちたい!」という強いエネルギーを掻き立てる人のことです。

 

お客様は友だちではありません。

それでも、サービスを提供するときに「喜びの感情が得られるかどうか」を大切にしてみましょう。

お金を得ることが重要であることは議論するまでもありません。
私たちは、そのために事業をしています。
しかし、お金だけであなたの心は満たされるでしょうか?
あなたの心は働きたいと思うでしょうか?

 

欲望よりも、怒りよりも、好きだーという感情を使う!

冨永愛さんは、怒りの感情を燃料にして、トップモデルに這い上がったとおっしゃっていました。
怒りも感情ですね。
とても強いパワーを出しますが、心楽しい感情ではありません。

ですから私たちは、怒りよりももっと強く健康的で、しかも長く保つ「好きだー」という感情を使いましょう。

心安らかに楽しい気持ちで、強いパワーとエネルギーを持って働きたいなら、愛せるお客様を持つことです。

このお客様のためなら、自分ができるありとあらゆることをしたいと思えるとき、あなたの持てる力は最大限を上回り、働いても働いても疲れを知らないエネルギーに満たされるでしょう。

働くことが楽しくて、楽しくてしかたなくなります。

だって、大好きな人の役に立てているのですから!

 

心からの親しみを感じられるお客様をさがす

心から好きだと思えるお客様を探すことが、第一歩です。

それは、お金(利益)欲しさに、誰でもいいからお客様になってほしいという”土下座営業”をしないようにするためなのです。

”土下座営業”をしてしまうと、「これ高いんじゃない? もっと安くしてよ」なんて買い叩く人や、難癖をつける人と出会って、意気消沈することになってしまいます。

特に開業したての頃は自信喪失しやすいので、良いお客様に出会えるかどうかはとても重要なことなんです。

理想的なお客様像を100個箇条書きする作業をして、「私はこんな素敵なお客様のために働くんだ!」と思うと、書いたとおりの理想的なお客様と出会えるようになるので、ぜひやってみてくださいね。

 

まとめ:理想のお客様と出会うためのいくつかの質問

  • 「この人の役に立ちたい!」という強いエネルギーを掻き立てる人と出会いたいと思っていますか?
  • サービスを提供するときに、喜びの感情が得られていますか?
  • お客様のことが好きですか?
  • お客様には、損得抜きで、自分が出来るありとあらゆることをしたいと思えていますか?

どうぞ、何度でもノートに答えてみてください。

一冊のノートにまとめておくと、答えが変わっていくのが見えて、それはそれで役に立ちます。

 

 

関連記事

  1. 好きなことを仕事にするって、「何を仕事にしたらいいの?何なら…

  2. 花森安治さん&『暮しの手帖』からブロガーも学ぼう♡メッセージ…

  3. 開業前の”プレ起業主婦”必見!「事業用ハンコ」と「屋号」につ…

  4. 人見知りなんですけど起業できますか?

  5. 「開業届って何?」という起業主婦予備軍のあなた必見!疑問につ…

  6. 少し未来を想像して、仕事を創る

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter