願望実現の方法は秘密ではありません。宝くじが当たる人にもなれます。

こんにちは。

願望実現について、あなたの意見は面白いから書いてよと言われたニッカです。

 

願望実現の方法を基礎から学ぶ講座にようこそいらっしゃいました。

 

願望実現の方法について、『ザ・シークレット』(ロンダ・バーン著 角川書店刊)では、「秘密にされてきた」と書かれています。

だから本のタイトルもそのまま『ザ・シークレット』(秘密)なんですね。

 

しかし、本当に秘密だったのでしょうか?

少なくともイエス・キリストは何度もこの願望実現について話し、実際に奇跡を起こしてみせ、「あなたたちも、私と同じようにできる」と断言しています。

キリスト教徒は2002年の集計では20.4億人いて、イエスの弟子たちが布教し始めてからの約2000年の間に、どれほどの数の人が聖書を読み、福音を耳にしたことでしょうか?

「願望実現の方法、ノウハウ」は、ちっとも秘密なんかではありませんでした。

単に人々が、願望を実現できるのはイエス・キリストだけだと思い込んでしまったので、正しく内容が伝わらなかったのです。

 

奇跡を起こせるのは、イエス・キリストだけではない

 

もし、からし種一粒ほどの信じる気持ちがあれば、この山に向かって『ここから、あそこに移れ』と命じても、そのとおりになる。あなたがたにできないことは、何もない。

(新約聖書 マタイによる福音書20章20節 )

 

あなた方も信じる気持ちを持ち、疑わないならば、(中略)信じて祈るならば、求めるものは何でも得られる。

(新約聖書 マタイによる福音書21章21節 )

 

イエスは湖の上を歩いて弟子たちのところへ行かれた。(中略)「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」

すると、ペトロが答えた。「主よ、あなたでしたら、私に命令して、水の上を歩いて、そちらに行かせてください。」

イエスが「来なさい」と言われたので、ペトロは舟から降りて水の上を歩き、イエスの方へ進んだ。しかし強い風に気がついて怖くなり、沈みかけたので、「主よ、助けてください」と叫んだ。

イエスはすぐに手を伸ばして捕まえ、「信じる気持ちの薄い者よ、なぜ疑ったのか?」と言われた。

(新約聖書 マタイによる福音書14章25節~31節 )

 

このように、「信じて願えば、何でもそのようになる」ということを、聖書は繰り返し伝えています。

 

宝くじも信じれば当たる

6月23日の津山セミナーが終わったあと雑談の中で、「宝くじが当たることを信じきれたらいいのに」と友人が言いました。

それで私は、「それを信じきれる方法をお教えしましょう」と答えました。

知りたいと思われる方もあると思いますので、シェアしますね。

 

願いをたくさん叶えて「信じて願うならば、求めるものは何でも得られる」と、実感できるようになればいいのです。

蛇口をひねれば水が出るのと同じくらいの確率で、「宝くじを買えば当たる」と思えるようになればいいということです。

そんな人がいるのか?と思われるかもしれませんが、いました!

私のフェイスブック友達の女性です。

彼女が当てるのはロトなんだそうですが、五十数万円とか九十何万円などの金額のお金が、良く当たるそうなんです。

そして一言「宝くじは当たるものだと思って買っている」と書き込んでいらっしゃいました。

 

信じるってどういうこと?

信じるとは、「その結果を当然のこととして受け取れること」です。

蛇口をひねれば水が出るのと同じように、「宝くじとは当たるもの」と当然のことのように思えることです。

 

お金を得たいときは、何を信じればいいの?

特にお金を手に入れる方法に関して言えば、今までお金を得て来た方法で得られます。

なぜならそれを、当然のことだと思えるからです。

今まで収入を得たときのことを思い出してください。
お金を手に入れたとき、それはどういうルートで手に入りましたか?

 

  • 会社に就職して稼いだ(パートタイマーで働くことを含む)
  • 物を売って稼いだ
  • 事業をして稼いだ(店を持つことを含む)
  • もらった(親や親戚、知人からの遺産相続や、単なるプレゼントを含む)
  • 借りた
  • 宝くじに当たった
  • その他

 

今までに収入を得た方法が、「稼ぐ」ではなく「もらう」であるなら、次にお金を得るのも「もらう」方法ででしょう。

今までサラリーマンになることでお金を稼ぐことが多ければ、これからもその方法で稼ぐことになるでしょう。

なぜなら、それが一番、結果を信じやすいからです。

それをあるとき、「サラリーマンではなく起業して稼ごう」と思ったら、結果を信じられないので難しく感じられます。

難しく感じられることは、難しくなります。 ⇐ ここポイントです!

逆にサラリーマン経験がなく、今まで事業経営しかしてこなかった人がサラリーマンになっても、稼ぐことを難しく感じるでしょう。

一度も人からお金をもらったことがない人は、「人がお金をくれる」ということを信じることが難しく、実際もらえないでしょう。

宝くじに当たったことがない人は、当せんすることが信じられず、ゆえに当せんしないでしょう。

 

そういうことです。

手に入れる額でも、同じことが言えます。

今まで得た収入が、月額23万円が最高だったとしたら、それ以上の金額が入って来ることをなかなか信じることができません。

人間は、今までの経験から限界を設けて生きています。

 

だからお金が欲しい人は、今まで自分がお金を手に入れてきた手段を使うのが一番確実で、今まで手にしたことのある額が一番手に入れやすい額なのです。

限界を少しずつ押し上げて、成功体験を積んで行きましょう

宝くじの当せん回数を多くすることで、「自分は当たる人だ」と自信が持てれば、5億円の宝くじが当たる人になることも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 願うとおりの明日にする(6)夢リストを書く

  2. 願うとおりの明日にする(4)niccaを使う

  3. 理想の間取りの部屋を見つける方法 (2)

  4. 夢が叶うワクワクと叶わないワクワク

  5. 聖書に学ぶ「夢を叶える技術」 ~ くどくど願わない

  6. 願望を現実化するのは「思考」ではなく「思い」です。

Twitter