願望を現実化するのは「思考」ではなく「思い」です。

こんにちは。

願望実現について、あなたの意見は面白いから書いてよと言われたニッカです。

 

願望実現の方法を基礎から学ぶ講座にようこそいらっしゃいました。

 

願望を現実化するのは「思い」です

 

ナポレオン・ヒルさんが書かれた『思考は現実化する』とか、パム・グラウトさんが書かれた『こうして、思考は現実になる』などのタイトルのせいで、日本人の中に大きな誤解が生まれたことはとても残念なことです。

なぜなら、「思考」や「考え」が現実化するのではなく、「思い」が現実化するからです。

 

日本語は難しいですね。

「思考」や「考え」と「思い」という言葉はとても似ていますが、意味が違います。

「思い」とは、そのときどきの感情で作られた、「輪郭のぼんやりとしたイメージ」のことです。

ドアにあるのぞき穴(ドアスコープ)から見た世界(、中心にあるものが大きく広がって見え、まわりがぼやけて見えるの)に似ています。

「思い」の中では、注意を向けているものが大きくなり、輪郭がぼやけているのです。

 

思いめぐらしていることが現実化している

 

思いめぐらすという作業は、バックグラウンドで待機中のプログラムが作業を行っているようなことです。

通常の「思考」(考えたり、計画したり、計算したりすること)は、画面上で実行されているプログラムだと例えるとわかりやすいかもしれませんね。

「思考が現実化する」と言われると、この画面上で実行されているプログラムが現実を作ると理解してしまうでしょう。しかし、違います。

この「思考」による現実化は、努力して受験に合格するとか、練習して逆上がりができるようになるとかというほうの現実化です。

まるで魔法のように、条件に合った部屋をみつけたり、理想の結婚相手とめぐりあうような「現実化」とは違うものです。

 

 

まとめ

 

「私は●●したい。だから△△しよう」という意志を持つことは、願望を実現させるために大切です。

でもそれは、目的地とルートを選択しているに過ぎません。

「思い」がなければ、そもそも願望を持つこともできないのです。

望むと望まざるとにかかわらず、何度も思い巡らすことが現実化してきます。

そのシステムを使って、確実に願望実現していくのが、私がご紹介している「ワクワク貯蓄型願望実現」です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

nicca branding club 津山セミナー
「夢を叶える手帳術 ~願うとおりの明日が来る~」のご案内はこちら

 

 

 

関連記事

  1. 願うとおりの明日にする(6)夢リストを書く

  2. 願うとおりの明日にする(10)欲しいものを手に入れるための感…

  3. 「願えば叶う」が信じられないときの処方箋

  4. 「思い」とは願望を実現する可能性のスープです。

  5. 思考は現実化しない。

  6. 聖書に学ぶ~「自分自身を信じる者は、願うことは何でも叶う」

Twitter