願うとおりの明日にする(5)思いを形にする

こんにちは。

時間とアイデアは、貴重な資本です。

それらを使って、心も経済状態も豊かにしましょう。

 

美術系の学校を卒業したわけでもないのに、スカーフのデザイナーになった女性を知っています。

暇つぶしに描きためた抽象画で個展を開いたところ、スカーフのデザインをする仕事が舞い込んできたのです。

彼女に転機をもたらしたものは何でしょう?

  • 絵を描きたいという気持ちに素直に従った。
  • 個展を開くという冒険をした。
  • 個展会場で知り合った人に心をオープンにして話をした。

という3点です。

本格的なギャラリーを借りなくても個展は開けます。懇意にしている喫茶店や美容室に、作品を並べさせてもらってもいいいでしょう。

たくさんの人に見てもらえれば、作品を欲しいという人と出会えます。

絵に限らず、フラワーアレンジメントでも手芸品でもいけます。

自分の人生に楽しみをみつけられるだけでも素晴らしいですが、それで現金収入を得られたら、もっと自信を深めることができるでしょう。

素人が作ったものだからといって、タダで良いと言ったりしないでくださいね。

それをすると、自分が作り出したものの本当の価値がいつまでもわかりません。

堂々と売りましょう。

 

 

関連記事

  1. 思いは、どのようにして物質化するか?

  2. 願うとおりの明日にする(4)niccaを使う

  3. 聖書に学ぶ「夢を叶える技術」 ~ くどくど願わない

  4. 願うとおりの明日にする(2)人生は運転

  5. 願うとおりの明日にする(8)「欲しい」という言葉は欠乏を表す…

  6. 願うとおりの明日にする(10)欲しいものを手に入れるための感…

Twitter