願うとおりの明日にする(1)メッセージ

こんにちは。

「願うとおりの明日にする」って良いタイトルでしょ?

十数年前に私が書いた「願うとおりの明日が来る アクティヴ・アクツのすすめ」からのパクリです。

十数年経って、一番書き直したかった点をタイトルにしました。

そう、「明日が来る」と「明日にする」の違いです。

「明日が来る」というと、時間が立てば自動的に明日になるような印象ですよね?

でも「明日にする」というと、自分の意志と決断で実行する印象になりませんか?

願望を実現するためには、自分の意志で決めることが大切なので、このように変更してみました。

 

「願うとおりの明日が来る アクティヴ・アクツのすすめ」は自己実現をする方法について書きましたが、今回の「願うとおりの明日にする」では、願望実現について書いて行きたいと思います。

自己否定することなく、ありのままの自分からスタートして、願う通りに生きる方法です。

 

 

 

関連記事

  1. 願うとおりの明日にする(3)運命からの解放

  2. 願うとおりの明日にする(9)欠乏感は「欠乏状態」と同調する。…

  3. 学習など時間がかかることを「願望実現」する

  4. 思いは、どのようにして物質化するか?

  5. 夢が叶うワクワクと叶わないワクワク

  6. 願うとおりの明日にする(8)「欲しい」という言葉は欠乏を表す…

Twitter