幸せを記録することで現実を良くしていく

手帳を使う目的が単に

  • 忘れものやうっかりミスをしないため
  • 仕事の効率を上げるため
  • 家事と仕事できゅうきゅうとしているスケジュールを見直したいため・・・だったとしても

一日に手帳を見る回数が多いほど(見る時間が長いほど)、良い結果を実感することができるでしょう。

しかしだからこそ、手帳を「時間管理」や「タスク管理」だけに使うのはもったいないというものです。

 

niccaの Daily Planには、「できたこと・良かったこと・感謝すること」を記入できるスペースがあります。

特に良いことも、嬉しいことも、感謝したいようなことも起こらなかったとしても・・・

両手で顔を洗えるのは幸せなことだと思いませんか?

もしどちらかの手を怪我したら、とても不自由に感じることでしょう。

膝を痛めたことがある人なら、傷みなく座れることや階段を降りられることに感謝するでしょう。

うまく行っている毎日を支えてくれている、目立たない幸運に気づいて書きとめることで、人生はもっと、もっとうまくいきます。

 

 

関連記事

  1. 面倒な気持ちが起きないToDoリストの書き方

  2. デイリープランで、「日課の力」をつける。

  3. メモとToDoリストでイライラを鎮める方法

  4. 手帳を使ってできること。成功のロードマップ・夢の実現・お金の…

  5. 今できることは今する

  6. やる気になれる ToDoリスト

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter