必要な食品群

出典:http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/kakudaizu.html

家庭科で、基礎食品群を習いましたね。
食事で摂る必要な栄養素を6つのカテゴリーにわけたものです。
覚えるのが面倒だった記憶しかありません。

そんな頭の悪い私が、自分流に考えた食品群が以下です。
献立用に5つに分けました。

1. 肉・魚介類                       筋肉や血液を作るもの

2. 野菜・芋・豆加工食品                  身体の調子を整えるもの

3. 卵・牛乳・乳製品 /ゴマ・海藻・乾物    栄養を補完するもの

4. 御飯・パン・麺類                    エネルギー源となるもの

5. 果物・お菓子                      心の栄養になるもの

 

2と3に分けているのは、たとえばほうれん草の和物だけで副菜としては完成しますが、
そこにゴマおかかをふりかけることで、良質な油脂やタンパク質を加えることができるからです。

野菜サラダにゆで卵を添えるのも同じ理由です。
できるだけ色々な食品で栄養素を摂ったほうが身体のために良いので、独立させました。

 

 

関連記事

  1. フルーツモーニング。夏来る

  2. menuページでシステマチックに献立を考える

  3. 太ってはいけない理由

  4. エネルギーの高い食事を摂ると幸運体質になる。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter